MENU

女性の薄毛の代表的な症状と言えば、頭頂部や分け目が薄く目立つようになるものですが、最近では前頭部(おでこの生え際)の薄毛に悩む方が増えているそうです。

 

気になるおでこを前髪で隠そうとしても、薄毛そのものを対策したり改善はできません。好きな髪型を選べなかったり、このままさらに悪化して禿げ上がってしまうのではないか?と不安にもなります。

 

マイナチュレはそのような方にも、是非おすすめしたい育毛剤です。女性の薄毛対策に人気の高いマイナチュレは、優しさにこだわった育毛成分が頭皮環境を整えて、健康な髪を育ててくれます。おでこの薄毛対策に使っても、とっても効果的な育毛剤です。

おでこだって頭皮ケアが必要

女性のおでこの薄毛の原因は、大きく分けると次のようなものがあります。

頭皮や髪に負担のかかる髪型

前髪をまとめてきつく結んだり、髪をひっぱりすぎるような髪型を続けることで、頭皮や髪に常にストレスを与えてしまい、牽引性脱毛症という薄毛を引き起こします。

頭皮や毛穴の汚れ

おでこの生え際は顔に近いため、メイクの落と残しなどが原因で毛穴が詰まり、頭皮環境が悪くなっている可能性があります。

外部からのダメージ

パーマやヘアカラーのしすぎや紫外線によって、おでこの生え際にダメージを受けている可能性があります。

顔に近い場所だからこそ、頭皮としては見落としがちな「おでこ」。もちろんおでこにだって毛穴があります。おでこの薄毛ににも、マイナチュレはとっても効果な育毛剤です。乱れた頭皮環境をそのままにせずに、しっかり頭皮ケアをしましょう。

マイナチュレのテクスチャーはどんな感じ?使用感は?

マイナチュレは女性の好みに合うように、成分だけではなく、使い心地にも優しいこだわりがたくさんあります。

 

お気に入りのシャンプーやコスメの香りを邪魔しない無香料で、サラッとした化粧水のようなテクスチャーなので、ベタつかないからいつでも使えます。もちろん朝のお出かけ前に使っても気になりません。

 

さらに、育毛剤とバレにくい、軽くてシンプルな可愛らしい容器も嬉しいです。特に注目は、トータツノズルを採用している事。

 

長いノズルで直接頭皮に塗布できるので、気になる場所にしっかりと成分を届けることが出来ます。

マイナチュレの使用感に関する口コミ

<32歳女性>

 

ベタベタしたり匂いが気になったりすることと、効果が本当にあるのかと不安がありましたが本当にサラサラしていて、匂いもまったく気にならず、使い心地は抜群に良いです。
見た感じあまり容量が入っていなく感じましたが、ちゃんとたっぷり使用しても一ヶ月余裕で使用でき抜け毛が減りました。


<30歳女性>

 

マイナチュレ自体はサラサラとしていて、髪がベタベタしないところがとても良かったです♪少しでも早く効果を感じたいと思い、育毛剤を使いはじめて、シャンプーの仕方やマッサージなども一緒に添付されていたカタログ?などを見て丁寧にするようにしました。その効果もあったのか、抜け毛が以前に比べてかなり減った事に気付き、嬉しかったです(*^^*)


<41歳女性>

 

マイナチュレは水のようにさらさらしたテクスチャーで、無香料とありますが、すっきりした清潔感のある香りをかすかに感じます。夜のタオルドライ後が一番使いやすくていいと思いました。サラサラしていて、慣れないと液だれしやすいのが気になりましたが、頭皮に刺激やべたつきなども感じませんでした。無香料なので朝にも使いやすいと思います。


マイナチュレの「サラサラしていてベタつかない」テクスチャーと使用感は、公式サイトの口コミや@コスメでも好評です。

 

ただし、化粧水のようにサラサラなので、液だれの可能性があるようです。使用に慣れれば気にならなくなったという方もいますが、おでこに塗布する場合は、どうしても液だれしやすくなるので、あらかじめタオルを準備してから使用するようにしましょう。

マイナチュレはベルタ育毛剤より優秀?

女性専用育毛剤には、マイナチュレの他にも「ベルタ育毛剤」という有名な育毛剤があります。

 

マイナチュレがサラサラでベタつかないノズルタイプボトルなのに対して、ベルタ育毛剤はとろみのあるテクスチャーで、プッシュタイプのボトルなので、頭皮に付けたくても、どうしても近くの髪にもついてしまいます。ベタベタとした感じがあるので、人によっては、お出かけ前の使用を気にするかもしれません。

 

マイナチュレなら、長いノズルが気になる部分に直接塗布することができますので、育毛ケアに必要な成分や潤いを確実に頭皮に届けることが出来ます。頭皮への浸透性を第一に考え、余計なものを一切含んでいないからこその「サラサラでベタつかない」マイナチレは、ベルタ育毛剤や他の育毛剤よりもとっても優秀なのです。